「平和への願い」が込められた折り鶴を原料に配合した「社会貢献型素材」です。
カラフルウイッシュ®
FSC®認証紙

広島平和記念公園には、毎年、日本および世界中の人々から約1千万羽の折り鶴が届きます。
この「平和への願い」が込められた折り鶴は、1〜2ヶ月の間展示されたのち、倉庫に保管されています。
カラフルウイッシュ®は、この折り鶴を紙に再生して平和活動の推進に役立てるために開発したパッケージ素材で初めての「社会貢献型素材」です。

2021年12月より長崎原爆資料館、2023年11月より沖縄のひめゆり平和祈念資料館の
折り鶴もカラフルウイッシュの原料に加わりました。

売上げの一部がより良い社会づくりを支援する寄付金として
活用されます。

カラフルウイッシュ®の売上の一部は、当社が公益社団法人日本ユネスコ協会連盟に寄付し、途上国に学びの機会を提供する「世界寺子屋運動」や、国内外の文化・自然を守り伝える「世界遺産活動・未来遺産運動」、日本各地で被災地の教育支援を行う「災害子ども教育支援募金」など、より良い社会をつくるための活動を支援するために使われます。

「広島市折り鶴ロゴマーク」、「日本ユネスコ協会連盟ロゴマーク」のパッケージ展開が可能です。

広島市は折り鶴に託された願いを昇華させる「折り鶴再生モデル事業」を進めています。
折り鶴を原料にしたカラフルウイッシュ®を使用した製品は、広島市折り鶴ロゴマークを通じて平和を願うメッセージを国内外に発信することが可能です。
さらに「日本ユネスコ協会連盟ロゴマーク」を表示して平和推進活動への貢献を伝えることができます。

カラフルな4色展開で様々な用途にご利用いただけます。

カラフルウイッシュ®の独特な美しさを生み出すのは、折り鶴の持つ色彩と紙の種類の組み合わせです。
優れたデザイン性により、各種パッケージや封筒などの事務用品など、様々な製品やパッケージにご利用いただけます。

公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。」(UNESCO憲章前文より)
日本ユネスコ協会連盟は、UNESCO憲章の理念にもとづき、1948年に全国のユネスコ協会の連盟体として設立されました。現在では、非政府組織(NGO)として、さまざまな活動を行っています。

日本ユネスコ協会連盟の主な活動

  • さまざまな理由で困難な状況に置かれている日本の子どもたちが、夢や希望をもてる社会となることを目指す「U Smile ~みんなでつなぐ子ども応援プログラム」
  • 途上国で、貧困や紛争などで学校に通えない子どもや教育を受けられなかった人びとに学びの機会を提供する「世界寺子屋運動」
  • 世界遺産と日本各地の文化を守り、未来へ継承する「世界遺産活動・未来遺産運動」
  • 日本各地で大規模な自然災害が発生した際に被災地の教育支援を行う「災害子ども教育支援募金」

関連コンテンツ

  • クラウン・パッケージは、環境に
    対する負荷の削減に取り組んで
    います
  • 美粧性、環境対応性、機能性に対応した素材
  • 全事業所でFSC®/CoC認証を
    取得しています